就業継続支援B型事業所アウラ

サービスservice

サービス提供の内容

  • 訓練等給付費対象サービス内容

    相談及び援助
    利用者及びその家族が希望する生活や利用者の心身の状況等を把握し、適切な相談、助言、援助等を行います。
    訓練
    一般就労に必要な知識、能力の向上のための必要な訓練を行います。またその他の便宜を適切かつ効果的に行います。
    ※活動の一環として地域や団体等の行事や活動及び日中活動としての各種訓練等への参加についても出来る限り、日中活動や地域活動の一部として参加して頂くことになります。
    生産活動
    生産活動の機会を提供します。
    ・箸入れ作業(不良検品・箸袋入れ・梱包・出荷)
    ・軽作業(プラスティック製品最終組み立て・各種チラシ封入)
    ・オリジナル作品作成(リーフ・室内飾り・お正月用お箸セット・小物アクセサリー)
    ・企業等からの委託事業

    工賃の支払い

    上記生産活動における事業収入から必要経費を差し引いた額に相当する金額を工賃として、生産活動に従事している利用者に支払います。

    食事提供
    希望により昼食を、1350円でご用意します。
    実習及び求職活動等の支援
    公共職業安定所、障害者就労生活支援センター等の関係機関と連携を取りながら職場実習の実施や、求職活動の支援の実施、職場定着の為の支援を行います。
    事業所外支援
    常時サービスを利用している利用者が、心身の状況の変化により、5日以上連続して利用がなかった場合は居宅を訪問して利用状況を確認し、月2回を限度として同意の上で支援を行います。
    健康管理
    医療機関との連絡調整及び協力医療機関を通じて健康保持のための適切な支援を行います。
    送迎サービス
    自主通勤が出来ない場合、希望により送迎を行います。個別に御相談下さい。
  • 訓練等給付費対象外サービス内容

    社会生活上の便宜の供与等
    日常生活に必要な行政機関等への手続きについて、利用者または家族が行うことが困難な場合、利用者の同意を得て代行します。
    その他
    ・サービス提供記録等の複写代
    ・証明書等書類の発行代
    ・その他各

利用料金

  • サービス利用料金

    指定就労継続支援サービスに関する利用料金について、事業者が法律の規定に基づいて、市から基準額を受領する場合(法定代理受領)は、ご利用者の自己負担はその1割とする。ただし、市が定める月額負担上限額の範囲内とします。
    上記以外のサービス利用料金(訓練等給付費対象外サービス)は「サービス提供」の内容をご覧下さい。

  • その他

    日常生活において通常必要となるものに係る費用であって、その利用者に負担させる事が適当と認められるものの実費(予め、利用者に対し、当該サービスの内容及び費用について説明を行い、利用者の同意を得るものとする。